専業主婦が久しぶりの会社勤めで敬語に悩む

気づいたこと

私は現在、賃貸専門の不動産店でデータの更新作業と電話受付のパート勤務をしていてようやく2年程になります

それより前に仕事をしたのが結婚してすぐにクリーニング店で受付のパート勤務をしていました
その前はインテリアショップで販売と取扱商品の百貨店や設計事務所などへの営業をしていました

職歴を見る限り結構キャリアウーマンっぽいですがそこが関西人なのでノリは「商売人」なんです
特に「言葉使い」がベタベタな「おおきに、すいません」な感じです

人のせいには出来ませんが、言葉使いの教育や研修を受けたことがなく、当時はそれほど周りもうるさくなかったのかもしれません

スポンサーリンク

敬語を使いこなしたい

その前のクリーニング店を辞めてから14年ものブランクがあります
現在の不動産店に勤め始めてまずとまどったのが「言葉使い・敬語」でした

敬語の種類はいくつかありますが仕事で使うのはこれです

  • 謙譲語
    目上の人に使う
    相手を立てるときに使う
  • 尊敬語
    目上の人に使う
    相手を立てるときに使う
    自分がへりくだるときに使う
    自分がへりくだることで、相手を立てる
  • 丁寧語
    聞き手に対して丁寧に述べる言葉
    「です」「ます」「ございます」を付けて使う
    相手・内容を問わない

例えば電話で取引先の方から自社の営業マンへの伝言を頼まれました
「〇〇マンション101号室の審査が通ったと伝えておいてください」
私は始めのうちは
「はい、わかりました」
と言っていました
言ったもののなんか違う・・と違和感を感じながら
この場合は「わかりました」ではなく「承知しました(承知いたしました)承りました」もっと丁寧に言うと「かしこまりました」だそうです

その他には電話でお客様からお部屋のお問い合わせがあった時、空室を確認してから折り返し電話をしたいので電話番号を聞く場合の言い方
私は「折り返しお電話をさせていただきますので、お電話番号を教えていただけますか?」と言っていました
まったく失礼な言い方ではないと思うのですが
「折り返しお電話をさせていただきますので、恐れ入りますがお電話番号をお教えいただけますでしょうか?」
の方がよりやわらかく丁寧な感じがします

他にも「お差し支えなければ・・」「わかりかねます」「承知しました

日常で使うことがない言葉だったので仕事のブランクが長かった分、パッと思い浮かばずおかしな言い方になったりしどろもどろになったりしています

最近やっと「承りました」がスラッと言えるようになりました(笑)
日本語って難しい・・

タイトルとURLをコピーしました