個人情報を漏らさないためにシュレッダーは必要でした

節約便利アイテム

ダンナさんの実家の遺品整理が昨年の11月から延々と続いています
捨てるのに手間がかかるのが個人情報関係のものです

義母は何でも捨てずに置いておくタイプだったので、保険、年金、税金、銀行などからの書類や義父の時から残っている会社員時代の名簿や町内会の名簿などなど
かれこれ30年くらい前のものでも残っていてもう大量!です

個人情報にはうるさいご時世だし、自分たちの情報はもういいとしても他人の住所や電話番号がわかるものをそのまま捨てるわけにはいかないので切り刻むことにしました

我が家にはシュレッダーがありません
そのまま捨てられないようなものは手で破るか普通のハサミでチョキチョキ切っています
そんなにいつもあるわけではないのでシュレッダーの必要性は感じていませんでした

遺品の書類や名簿も始めのうちはチョキチョキと普通のハサミで切っていたのですが、本当にすごい量なので手は痛くなるしハサミの柄があたるところが擦れて水ぶくれになったりします
シュレッダーいるかなぁと言いながら、でも今ある分をなんとか処分できればもうないだろうしいいんちゃう?と買わずにいたのですが、後から後からいくらでもでてくるんです
年賀状、写真などなど個人情報関係のものが

もうシュレッダー買おう!ということになりました

スポンサーリンク

シュレッダーのタイプ

・ハサミ型シュレッダー

100円(100円均一にもあります)~2000円くらい
置いておく場所はとらないし安価で手軽
手の力で切るので紙が厚くなると切りにくいし枚数があるときついです

・ハンドシュレッダー(手回しタイプ)

700円~4000円くらい
ハサミ型よりは楽ですがそれでもハガキくらいだとちょっと力がいるみたいです
電動よりは安価
軽いので場所を移動させやすい

・電動シュレッダー(家庭用)

2,500円~10,000円くらい
電動なので楽
ハガキ1枚くらいは普通に切れて高性能タイプだとCD、DVDも切れます
マイクロカットタイプが多くかなり細かく切るので小さい文字でも分からない状態です
コンセントにつなげないといけないのと、ちょっと重くなるので置く場所を考える必要がでてきます

・電動シュレッダー(大型)

10,000円~50,000円くらい
安定感のある切れ味でもう業務用です
大きい、重い、高いですが常日頃から量が多くよく使う場合はなんといっても楽です
置く場所の確保が必要

我が家は電動で

我が家の場合はいつも必要なわけではないけれど量が多い時には楽に切りたいので電動シュレッダー(家庭用)のこれにしました
ナカバヤシ シュレッダー 家庭用 電動 クロスカット ピンク 71681
値段も手頃だし色もかわいいので(他にグリーンもあります)
使い方のコツはあります

・A4サイズの紙は半分に折って1枚づつ
・ハガキは1枚づつ
・連続3分以内で一旦止めて40分休ませる

ハガキを入れた大きさはこんな感じです(ハガキは横向きです)

裁断後、ハガキ1枚分はこのくらいです
かなり細かいので全く何が書いてあったか分かりません

枚数が多いと3分間計って休ませて、という繰り返しですがやっぱり楽です
もっと早くに買っておけば良かった(笑)

タイトルとURLをコピーしました