2016年に買い替えたもので予算どりの大切さを痛感

節約生活

2016年は貧乏な我が家では珍しく色々なものを買い替えました
我が家にとっては高額出費!
ちょっとご紹介を

スポンサーリンク

娘の子ども部屋の家具


まず、春に「自分の部屋が欲しい~」と娘が言っていたので子ども部屋を作りました

部屋としては確保してあったものの、すでに物置きと化していたのでそれを片付けると思っただけで気が遠くなりそうで放置していたのです

でももう小学3年生だし自分の部屋が必要だろうからと一大決心をしてとりかかりました

もうすごかったですゴミの山!
置いておく場所があれば置いておくけど、場所がないから仕方なく捨てるというものが!

なんとかかんとか片付けてスペースを空け、勉強机や本棚IKEAに買いに行ってやっと子ども部屋として使えるようになりました
カーテンは夏にニトリで、照明は冬にジョーシン

総額は結構な金額になって落ち込みましたが・・
勉強机は娘が小学校入学の時に義母が買ってあげると言ってくれていたのですが、その頃はまだ必要なかったので必要になったらまた言いますね~とのんきに言ってしまったのを後悔しています

結局必要になった時には義母は病気が悪化してきて大変な時期に入っていたので、そんな事を言いだせなかったのです

でもとにかく娘が部屋を気に入って喜んで使っているので良かったです!

洗面台の混合栓の交換

私達は中古のマンションを購入したので居住13年なのですがマンション自体は築21年になります
引っ越ししてくる時に内装はリフォームしたのですが水回りや設備はそのままだったのでいろいろと限界がきています

洗面台の混合栓は温度調整が水を出すレバーの横にありグリグリっと回して温度を調整するタイプでした
それがグリグリっと回すのが固くなってもう無理!な程になってしまったので交換しました

実は一昨年にお風呂をユニットバス自体を買い替えて念願の追い炊き機能付きのお風呂にしたのですが、その時にすでにその混合栓のグリグリが固かったので一緒に洗面台も交換しようかなと思いリフォーム会社の営業の方に相談しました

私のイメージでは家具を買い替えるみたいに外して新しいものをポンと置いて完了!に思っていたのですが、そんな簡単な事ではないんですね

まったく同じ洗面台でない限り形状が変わると床材や壁紙や配管位置を変える工事が必要ですと言われて気が付きそこまでは無理!と断念したのです

混合栓だけの問題ならホームセンターで交換してくれるお店があると思うのでその方が安くできると思いますよ、とアドバイスをもらったのでそうすることにしました

これも結構な金額になったのですがピカピカでストレスなく温度調整ができて大満足!
ストレスを感じるものを使い続けるのは良くないなぁと実感しました

娘の自転車


ほとんどの人が子どもの小学校入学あたりで買い替えると思うのですが、うちも入学前に買い替えたんです
それがもう!!小さくて!!
ウソやろ!て感じです

娘は多分ダンナさんの方の遺伝で成長が早い!でかい!んです
はっきり言ってそんなに早く大きくならなくても・・と思ってしまいます

これは想定外の出費だったのでアイタタタタ!て感じです

特別な出費の予算は大事

必要なものはやっぱり当たり前ですが必要です
買い替えないといけない場合もあれば、思い切ってもういらない!場合もあると思います

予算を確保しておけば落ち込む(笑)こともないと思います
そのまま使い続けることでストレスを常に感じるのであれば買い替えて日々健やかに生活できる方がいいですね

少しづつでも毎月予算を確保して積み立てておくことの大事さを改めて感じる今日この頃です

タイトルとURLをコピーしました