毎朝「学校に行きたくない~」と泣く小1娘の気持ちがわかる絵本

子供の成長

娘が小学1~2年生の頃は毎朝

学校に行きたくない~

と泣いていました

小学校からは集団登校になりますよね

プレ幼稚園1年間と幼稚園2年間、毎日毎日雨の日も風の日も送り迎えをして、やーーっと一人で行ってくれる!と思っていたのもつかの間

入学して1週間までは登校班の6年生の班長さんが家まで迎えに来てくれて連れて行ってくれていたのですが、1週間後から毎日毎日登校班の集合場所まで一緒に行くことになったのでした

スポンサーリンク

毎朝のおなかいた

入学して1週間たっていよいよ玄関から一人で行くとなった朝

おなかがいたい

と、言い出しました

実際にゲリっぽくなってもいたのでその日は学校を休ませました

ゲリも朝だけだったので次の日は学校に行かせるつもりで用意しているとなんだか元気がない
登校時間になると「お腹がいたい」ちょっとゲリもしてる
また学校を休む・・でも家では元気

娘はもともと緊張するとおなかがいたくなってゲリをしちゃうタイプです

これ以上休むと学校に行きにくくなるので
その次の日はグズグズ言っていても私が教室まで連れて行きました

毎朝泣くことが当たり前のように

娘はプレ幼稚園、幼稚園合わせて3年間、登園して教室に着いてバイバイする時に泣いていました
小さい時ほどひどくて私から離れないような時もありました
年長になっても1学期は泣いていました
まるで毎朝の儀式みたいなものです

なにかいやな事がある訳ではなく、幼稚園が嫌いなわけでもなく
ただ家にいたい、お母さんと離れたくない
という気持ちみたいです
なので、私が行ってしまうとケロッとして普通に戻るのです

どんなにお母さんが優しいのかと思われそうですが、私自身が「なんで?」と思うほど別に特別優しい訳でもないしどっちかというと家では怒ってばかりなんですけどね

小学校は自分の意志で行く

小学校からは一人で行くと言っても集団登校だし集合場所までうちのマンションから歩いて20歩程の所なので大丈夫だろうと思っていたのですが大丈夫じゃなかったみたいです

幼稚園時代は連れて行けば、私から離れようとしなくても先生が引き取ってくれるので私はそそくさと帰れます

でも、登校の集合場所には自分の意志で行かないといけないので玄関で私から離れられないわけです

それで仕方なく集合場所まで連れて行っていました
ひどい時はみんな集合して出発という時に私から離れず号泣する
こうなるとみんなが遅刻してしまうので私も一緒に登校するはめに・・

学校に着いて私から離れたとたん普通になって友達としゃべっています

もう「どうやねん!」て感じです

自分でどうにもできない気持ち

でもこれは本人の意思ではどうにもできない気持ちと涙なので、いつか自分から「もう大丈夫!一人で行ける!」と言うまでとことん付き合うことにしました

それが2年生の2学期でした

長かった~

朝の登校の見守りで保護者がローテーションで各所に立つ当番があって時々私もやっているのですが、1年生がお母さんと一緒に泣きながら歩いて来るのをみると(3学期だったけど)「一緒やなぁ大丈夫やでぇ」と微笑ましく思います

図書館でこの本と出会った時にまるでうちの娘のことのようで笑ってしまった絵本です

タイトルとURLをコピーしました