初めてのスケート教室終了

子供の成長

うちの娘は超こわがりで初めての体験はしりごみして手をだそうとしません

私はなんでもいっちょかみ(これって関西弁?ちょっと手を出すみたいな意味です)の飽きっぽい性格で子供のころからの習い事は数知れず、しかしどれもすぐにやめてしまいます

いまだに親からはあれは何か月・・これは1回・・とか言われる始末です
唯一ピアノだけは幼稚園から高校3年生までなんとか途中で休憩しながらも続けました

娘にも自分に合ったものを見つけてもらいたいな、と思っているのですが
自分からこれを習いたいと言ったことがないのです

これも私の影響かピアノだけは全然練習しないけれどなんとか続けています

なので、今まで幼稚園や小学校からいろいろな習い事や体験のお知らせをもらって来る度に「これはやらないだろうなぁ」と思うものでも一応「やってみる?」と軽く聞くようにしています

スポンサーリンク

スケート教室は楽しいよ~

で、去年の12月に学校から「スケート教室のお知らせ」もらってきました

私が聞く前から「行かない」と言っていたのですが、アラフィフ夫婦の私たちが娘をスケートに連れて行ってやるなんて無謀なことをすることはないと思っているので、ここは教室にでも行かないことには娘がスケートを体験することはないだろうと思い、ちょっとしつこめに誘ってみました

と言ってもたった全6回のコースなのでたいしたことはないのですが「じゃあやってみる」ということになり2月と3月に休まず6回通いました

スケート教室で必要なものは?

2015-01-19 11.48.07
行くとなってから「何を着てスケートするのか?」が分からなくって教室が開催されるアイスアリーナへ申込みに行った時にチェックしてみると、子どもはスキーウェアが多かったのです

スケートリンクはめちゃくちゃ寒い!です

しかも娘はきっといっぱい転ぶだろうしおしりがズクズクに濡れるでしょう

なので、スキーウエアが最適だと思います
ただ、しつこいようですがアラフィフ夫婦の私たちは転んで腰が悪くなるのをおそれて
と、スキーウェアを揃えるのにお金がかかるということでスキー場にも連れて行ったことがなく娘のスキーウェアも持っていなかったのでとうとう買う決心をしました

小1の娘のスキーウエアを買いました

申し込み時には「とにかく手袋だけは忘れずに持って来て下さい」と言われていました

スケート靴はレンタルで1回400円
ヘルメットは無料で貸してもらえます

あとはずっと座って見ている私の防寒対策!
ほんとにめちゃくちゃ寒い!ですから
ひざ掛け、マフラー、手袋は必須です!

生まれて初めての氷の上

1回目は私もドキドキしました
ヘタしたら行く前に「やっぱり怖いからやめる~!」って言い出すかも!

なんとか行っても1日目はこなしたものの「怖かったからもうやめる・・」って言い出すか

大体、氷の上で立てるのか?みたいな心配がいっぱいで私がちょっと緊張したくらいです

先生は優しそうな女の先生でスケート靴の履き方から教わり準備運動をして
いざ、スケートリンクに足を踏み入れた瞬間!

忘れもしない娘のあの驚きと恐怖の顔!

あまりにもツルツル滑ってどうしたらいいの!?てな顔
分かるわぁ~
もう壁にピタッと吸い付いて移動していました(笑)

楽しいのが1番

しかし、さすがに教室っていうだけあってたった1時間でしたが終わる頃にはなんとか前には滑って(いや、どっちかというと歩いて・・)いました

さぁどう言うかなと娘を迎えに行って「どうやった?」と聞くと

「たのしかった!!」

と言ってくれたので良かったです

スケート教室の成果は

通い始めて分かったのは、うちの娘は運動神経はあまり良くない?ということでした

1回目の終わりにはなんとか前には滑る(いや、歩いている?)ようになったのですが
その滑り方は6回目まで変わりませんでした

私がいくら「もう少し片足ずつに乗ってみたら?」とか「足はVの形のままやで」とか優しく言っても聞く耳持たず(いつものことですが)
まぁ楽しくできてるんだったらいっか・・と教えるのはやめました

私もずっと見学している内にスケートがしたくなったので
今度は親子3人で骨折あるいはギックリ腰にならないように最新の注意を払いながらスケートをしに行きたいと思いました

タイトルとURLをコピーしました